読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名もなき日常

何気ない毎日が大きな物語を作っている

書きたいという欲求は読まれたいという欲求とイコールなのか

漠然と、「書きたい」という欲求があると、不定期にブログを更新しているが、

そもそも、「書きたい」という欲求を、人の目に触れる形で実現しているのは、

本当の意味での「書きたい」という気持ちなのだろうか。

また、本当に「書きたい」ものを書いているのだろうか。

 

なぜそのように思うのか、

このブログに記事を更新する際に、どうしても書きたいことがあり、

パソコンを開くのではないような気がしているからだ。

もしかしたら、書かずにいられないということではなく、

あくまで人に見てもらいたいという欲求がどこかにあるのではないかと。

 

そうでなければ、人の目に触れるような形で表現する必要はないと思う。

 

なぜ、自身の考えや思いを人の目に触れる形で表現するのだろうか。

自身のことをわざわざ不特定多数の人に公表するのだろうか。

そこには、どのような心理が働いているのだろうか。

 

表現の仕方はさまざまであり、目的も個人によって異なるとは思う。

自分の場合はどうなのか。

 

10年くらい前までは、毎日簡単な日記をノートに毎日つけていた。

その日記は、基本は自分の胸の内をただただ綴るだけのもので、

読み返すとしても自分自身だけだから、率直な気持ちや口にできない思いなど、

思いのままに書いていた。

たまに読み返すと、当時のことをかなり鮮明に思い出せるほど、

事実に忠実に、自分の気持ちを素直に記していた。

当時の目的は、気持ちの記録をしておくという程度のものだと思う。

 

ここ10年は、何かに迷った時に、その思いをノートに書きなぐっていた。

社会人になった葛藤の爪痕が痛々しい。

その時も、表に出せない思いや迷いを、文章にすることで、

なんとか心を落ち着ける効果があったのだと思う。

その時々で揺れる思いが、妙に生々しい。

 

そして、今、こうして、人の目に触れることを前提として、

感じることや思ったことを書き綴っている。

これは、本当に書きたい欲求を満たしているのだろうか。

それよりも、自分が書いたものを、人様に「読んでいただきたい」という

欲求が強いのではないかと思う。

 

多くのアクセスを稼ぎたいとか、ブログの収入だけで食べていきたいという

大それた目標はないけれど、自身が書いてアップした記事については、

誰かに読んでもらいたいという気持ちがないなんて言ったら、

それは真っ赤な嘘だ。

その証拠に、アクセス状況を日々確認しては、一喜一憂している。

 

では、結論として、「読まれたい」ものを書いているのか。

「書きたい」ものではなくて。

もしそうだとすれば、どういうものを「読まれたい」と考えているのだろう。

考えてみたが、その答えが出ない。

 

自分だけが知っていて、それを多くの人の役に立ちそうな事象があれば、

それを知ってもらうために、「読まれたい」と思うだろう。

また、自分が愛してやまないものがあり、

もっと多くの人の知ってもらいたいと願い、綴る場合には、

「読まれたい」という欲求が芽生えて当然だと思う。

 

自身がアップしている記事は、上記の2つにはどちらも当てはまらない。

ただただ、感じたことを書いているだけ。

だから、特にブログを始める時にも、テーマが定まらず、

ブログ名にも悩んでしまった。

 

結局のところ、「書きたい」ことを書いているというよりは、

目的は定かではないけれど、「読まれたい」という欲求を満たすために、

書いているのではないかと思う。

理由なんて特に必要はないので、結論はそれで良いが、

果たして「読まれたい」という欲求がいつまで継続するのかが、不安材料だ。

 

「書きたい」という欲求は、比較的継続性のある感情だと思うが、

「読まれたい」という欲求は、読まれないことが持続すればするほど、

気持ちが萎えてしまうものではないかと思うからだ。

自身の性格上、熱しやすかった時は、冷めるのが早いため、

読まれないという状況を理由に、フェイドアウトしてしまうことが、

容易に想像できてしまう。

 

いっそうのこと、自分へのミッションのひとつとして課した方が、

継続性は保たれるのではないかとも考えてみるが…。

ミッションにする程の立場の人間でもなく、また、

そこまでして継続する意味が見つからないため、その考えは却下。

目的は、継続させるということではない。

 

自分の中に芽生えた「やってみたい」の気持ちに忠実に始めたことなので、

始めた当時と目的が変わってしまっても良いと思うし、

そこまで重く考えすぎる必要はないとは思うが、

ちょっと気になってしまったので、その気持ちを綴ってみました。

 

細かいことが気になる、自分の悪い癖。

www.tv-asahi.co.jp

 

あれこれ、ごちゃごちゃと考えてしまったけれど、

これまで通り、あまり肩肘張らずに、

「書きたい」と思ったり、「読まれたい」と思ったりしたことを、

文章という形で表現して、アップしていくのだろうと思う。